男の婚活ファッション1〈お見合い編〉

お見合いやデートの時にオシャレな服を着て相手に気に入られたい。
でも自分にはファッションセンスが無いから何を着ればいいか分からない。
という人はけっこう多いです。
 
でもハッキリ言って婚活にファッションセンスは不要です!
 
なぜなら着るべき服が決まっているからです!
 
シーンに合わせて見ていきましょう。
今回はお見合い編です!
結婚相談所で婚活している場合、ここが初対面です。
マッチングアプリでの初アポや婚活パーティーと比較すると少しフォーマルな場になります。
そんなシーンで何を着るかというと
上下同色のスーツです!
最近はビジネスシーンでも上下で色のちがうスーツを着る人やノーネクタイの人が多いですね。
しかしそれはカジュアルダウンしているわけで、お見合いというある程度フォーマルな場では、初対面のお相手に対する敬意を表するためにもカジュアルダウンはしないほうが良いです。
逆にフォーマルだからといってタキシードにしてしまうと、それはやり過ぎで相手にひかれてしまいます。
適度なところを選びましょう。
 

ではスーツの色や柄はどうするかですが、

SIMPLE is bestです!

 

無地でいいです。もしくは目立たない程度のストライプ。

色は黒かチャコールグレーで良いでしょう。

最近ブルー系のスーツも流行っていますが、着る人によってはタクシーやバスの運転手さんの制服みたいに見えてしまいます。

ここで攻めてもいいことありませんから無難でいいんです。

 

他に気をつけたいのは素材です。

高級素材を選ぶとかではありません。

季節に合わせて下さい。

夏なのに厚手のウール素材とか、冬なのに通気性の良さそうな薄手の素材とかにならないように気をつけましょう。

「お金が無くて一年中同じスーツ着てるのかな?」と思われてしまいます。

 

そして最も重要なのがサイズ感です!
特に太り気味の人はゆったりめのサイズを選びがちですが、だらしなく清潔感のない印象になります。太っているひとこそピッタリめを意識して下さい!
ゆったりしてないと苦しい、動きづらいという人がいると思いますが、そんなこと言ってる場合ではないですし、最近は生地に伸縮性があるのでピッタリしててもそんなに苦しくないです。
 
また、身体に合ったものを選ぶには必ずオーダーメイドで作りましょう!
オーダーメイドは高価で手が出ないと思う人も多いかもしれませんね。
15年くらい前なら既製品でも一着7〜8万くらいが相場でしたが、最近では同じ値段でオーダーメイド二着購入してお釣りが来ます。
ネットで購入するのが簡単です。

 

 採寸を自分でやるのが不安な場合はお店でやってもらえるところで購入しましょう。

 

スーツが決まったらその他もシンプルに。

シャツは白、ネクタイは無地又はストライプや水玉等オーソドックスな柄、革靴は黒でも茶でもいいので綺麗に磨いて下さい。

あとは身だしなみとして清潔なハンカチを持っておけばだいたいOKです!

 

お見合いは口説き落としたり、プロポーズしたりする場ではありません。

女性に好印象を与え「また会ってみてもいいかな」と思ってもらうことが目標ですので、服装も攻め過ぎず、シンプルにスッキリ魅せましょう!