『価値観の違い』

 結婚相手に求めるもの等でよく出てくる「価値観」

これについて注意してほしいことがあります。

 

それは「価値観が合う」「価値観が同じ」は違うということです。




「この人私と同じ価値観を持ってるなぁ」というのをきっかけに結婚したとします。

 

当然ながら全ての価値観が同じなんてことはありえませんよね。

 

ですから時間が経つにつれて当然違う部分が見えてきます。

 

そうすると「この人じゃなかったかも〜」と思ってしまい、後悔することになりがちです。

 

 

一方価値観が合う場合は、違う部分をお互いに補ったり、楽しんだり出来て、幸せでいられます!

 

我が家ではよく柿ピーを食べるのですが、妻は柿の種が好きで、ピーナッツは入ってなくてもいいくらいの感じですが、私は逆にピーナッツが好きで柿の種はいりません。

ですから、妻は柿の種だけ、私はピーナッツだけ、一袋のお菓子を二人で、お互い好きな方だけ食べるので、二人共満足して幸せな感じになります。

 

イメージしやすくするための例なので、「それは価値観というよりただの好みでしょ!」というようなご批判はちょっと置いといて下さい。

 


大事なのは、価値観の違いを、お互いにどう捉えどう活かすかです。


それ次第で1+1が3にも4にもなるというわけです。


まったく同じだったら2か、それ以下にしかなりません。

 

お互いの価値観が合わさった時にケミストリーが起きて、素晴らしいことが生まれる

それが「価値観が合う」ということだと思います!

 

価値観が違うと思った人を対象外にしていると、価値観が合う人を見過ごしてしまうかもしれませんのでご注意下さいね!